上富良野駅(かみふらのえき)

1899(明治32)年に開設された、上富良野町の玄関口、JR富良野線上富良野駅。
『泥流地帯』では、石村拓一耕作兄弟が母を見舞うためにこの駅から函館を目指して出発するが、残念ながらその願いはかなわず、失意の中戻ってくる様子が書かれている。

写真と文の提供・神楽岡マイさん


汽車が上富良野駅を出た頃は、汽車も汽車の煙も、雪原にあざやかに影を落すほどの天気だった。耕作は、網棚に押し上げた大きな五つの荷物を見上げる。あの中には、キワが夜業よなべで縫った綿入の半纏はんてんもあれば、拓一がついた餅もある。

『泥流地帯』[氷柱](七)より

神楽岡駅 写真・神楽岡マイさん

関連記事

  1. 旭川木工団地(あさひかわもっこうだんち)

  2. 日新尋常小学校跡(にっしんじんじょうしょうがっこうあと)※『泥流地帯』作中では「日進」

  3. 大雪山(だいせつざん)

  4. 神居古潭駅跡(かむいこたんえきあと)

  5. 東京都文京区本郷(とうきょうとぶんきょうくほんごう)

  6. 富良野平原開拓発祥の地(ふらのへいげんかいたくはっしょうのち)

カテゴリー