神居古潭(かむいこたん)

 「旭川八景」にも選ばれている景勝地です。石狩川の流れが急激に狭まった結果、独特な景色を生み出しています。「旭川の学生は、みんな一度はここに写生に来ている」というようなことを言っているのを耳にしましたが、本当でしょうか?白い木橋「神居大橋」を渡ったところに、函館本線旧線の神居古潭駅跡があります。

 『果て遠き丘』では、香也子が金井をドライブに誘って訪れた場所。ここで、ひと悶着の末、香也子が通りがかったタクシーを拾って、一人で帰るというシーンがありました。

写真と文の提供・神楽岡マイさん


 「このあたりで、川の縁に休みたいわ」
 香也子の声が無邪気だった。何も聞かない声だった。右手に、少し広い駐車場があった。仕方なく金井は、そこに車を乗り入れた。
 駐車場には車は一台もなかった。
 「やっぱり川縁ね。涼しいわ」
 先に車を出た香也子がうれしそうな声をあげた。乗用車が三台つづいて、旭川の方に走り去った。あとはひっそりとした夜の山間だ。金井の車のヘッドライトが、川のひとところに光を投げかけている。大きな岩が、いくつか川の中にあり、そのひとところに、白い飛沫があがっていた。

『果て遠き丘』[蔓バラ](四)より

神居古潭 写真・神楽岡マイさん

関連記事

  1. 大雪山(だいせつざん)

  2. 富良野平原開拓発祥の地(ふらのへいげんかいたくはっしょうのち)

  3. 神楽岡駅(かぐらおかえき)

  4. 旭川木工団地(あさひかわもっこうだんち)

  5. 上富良野町郷土館(かみふらのちょうきょうどかん)

  6. 新潟(にいがた)

カテゴリー